HTML5コンテンツ開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

FlashからHTML5へのシフトというトレンド

 これまで動的なウェブアプリケーションを作る際によく用いられていたのがFlashでした。高度なグラフィック処理など、現状でもFlashの方が得意 とする領域は存在します。しかし一方で、iPhoneのSafariブラウザでは表示されないため、せっかくコンテンツを作ってもiPhoneユーザーに は体験してもらえないなどのマルチデバイス対応への負荷、ソフトウェアを購入しないと制作できないなどのデメリットがありました

 

HTML5がもたらす企業のメリット

 そこで登場したのが「HTML5」です。 HTML5は、ウェブアプリケーションのプラットフォームとしての機能やマルチメディア要素が実装されており、HTMLの最新仕様として注目を集めております。HTML5を使えばウェブアプリケーションをiPhoneとAndroidの両方に対応させることができ、ウェブデザイナー / プログラマーの開発コストを削減することが出来ます。

 また、HTML5 を利用すればiPhoneのブラウザでもFlashのように動かせるリッチなWebアプリを作れてしまうため、App Storeを経由する必要がなくなります。App Storeを経由しないことにより、アプリダウンロードやアプリ内課金の手数料をアップル社に取られることなく自由に販売できるという、収益源となるビジ ネスの創出という点でも大きなメリットがあります。

 

HTML5コンテンツ制作における弊社の強み

 一方でHTML5によるコンテンツ制作には、高度な専門性や相当な時間を要するなどの課題を抱えておりました。そこで我々はHTML5コンテンツ制作を効率化する、独自のjavascriptライブラリ”jAction”を開発しました。このライブラリを活用することで、開発者が書かなければならないコードの量は1/2〜1/3に削減されます。つまり、よりスピーディーな制作が可能になりました。

 jAction開発のきっかけは、jActionプロジェクトに携わる私たち開発者自身がHTML5によるコンテンツ制作案件で苦労したことがきっかけです。次回以降、同じようにかなりの時間と労力をかけずにリッチなHTML5コンテンツを作るにはどうしたらよいか?そんな葛藤からjActionは生まれました。

 

jAction

http://jaction.info/

jActionは、HTML5で登場したCanvasを使ってFlashのような動的コンテンツを作成するためのjavascriptライブラリです。2011年11月時点では、スマートフォンをターゲットにしています。弊社が開発したHTML5コンテンツ制作で活用できるソースコード、コンテンツ制作のチュートリアルをウェブ開発者向けに無償で公開しています。2011年12月末日時点で、2,000名を超える方にご利用いただいております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ | tadashiku, Incについて | 製品・サービス | 実績のご紹介 | ニュース | ブログ | パートナーシッププロジェクト | お問い合わせ