スマートフォン / ソーシャルメディアアプリ開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

以下のような視点で戦略・企画を立案し、実行します。

  1. 目的の明確化:
    ビジネスを因数分解すると、ソーシャルメディアを活用する目的が見えてきます。【顧客数】×【顧客単価】×【リピート率】=【売上】。新しい顧客を連れてくることが目的なのか、一回当たりに落とす金額を大きくしたいのか、何度も来てくれるような顧客を増やしたいのか。それによって、戦略・コンテンツ企画が変わってきます。
  2. ボトルネックとなる課題・KPIの設定:
    その目的を達成するためにもっとも優先して解決しなければならない課題について考えます。競合企業とのブランド差別化が図れていないから指名されないのか、そもそもその製品の必要性について啓蒙するところからコミュニケーションを始めなければならないのか、ときにはマーケティング調査を行いながら生活者のインサイトに迫ります。課題を特定し、その課題が解決された否かを判断するための指標=KPI、目標を設定します。
  3. コンセプトの策定:
    その課題を解決するためにもっとも伝えないといけないこと=コンセプトについて考えます。既存市場に参入するときは、例えば競合企業に対する差別化ポイントをキャッチーに伝えます。まったく新しい市場を自ら作り出していくときは、新しいライフスタイルの登場を告げるセンセーショナルなコンセプトを伝えます。
  4. ソーシャルメディア・スマートフォンアプリでできること、という視点から発想:
    コンセプトまで決まったら、次は具体的な企画です。顧客が接しているソーシャルメディア(Facebook?mixi?twitter?)・スマートフォン(iPhone?アンドロイド?)はなにか、各アプリの特徴(制作コスト・ユーザー属性・アプリ申請のリスク・レベニュー)を知り、コミュニケーション・デジタル技術、双方の視点から企画のコアアイデアを発想します。
  5. Third-Party Mediaでの話題化、という視点でチェック:
    最後に、その企画・コンテンツが話題化するかという視点で確認します。新規性(これまでに全くない新しいものか?)、技術性(最新のデジタル技術をユニークに活用しているか?)、時流性(いまこの瞬間に取り上げるだけの理由はあるか?)など、記者・編集者の視点で企画・コンテンツをチューニングします。またこのとき、広告出稿についても検討します。
  6. 開発→ロウンチ→分析→コンテンツ改良:
    以上を踏まえ、コンテンツを開発します。ロウンチ後、目標の達成に向けて計画通りに進捗しているかをKPIごとにチェックし、改良を重ねます。

    Brand iBook

    企業の魅力を生活者や就職希望者に伝えるiPhone/iPadアプリの企画、開発。従来の紙媒体からデジタル媒体に移管することにより、音声や動画を活用したブランド表現を実現。

    ArtSurround App

    美術館での体験をより豊かにするiPhoneアプリの企画、開発。キャプション表示、音声ガイダンス、ソーシャルメディア連携機能を実装させることにより、作品鑑賞体験をよりフレンドリーに、そして感動をシェア出来るようになりました。

     

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ | tadashiku, Incについて | 製品・サービス | 実績のご紹介 | ニュース | ブログ | パートナーシッププロジェクト | お問い合わせ